ディスプレイ広告(バナー広告) とは 【仕組みや特徴などを分かりやすく解説】


様々な種類があるインターネット広告の中でも、Webマーケティングに欠かせない存在としてリスティング広告とともに挙げられるのが「ディスプレイ広告(バナー広告)」です。

本記事ではこのディスプレイ広告(バナー広告)とは一体どのようなものなのか、分かりやすく説明していきたいと思います。

ディスプレイ広告とは

display-ad

ディスプレイ広告とは、検索結果やWebページの右上や上部に表示される画像ファイルを用いた広告で、使用される画像ファイルの四角い旗(バナー)のような形状から、バナー広告とも呼ばれています。

表示されている画像ファイルをユーザーがクリックすることで、ユーザーを広告主が設定したWebサイトへと移動させることができます。

インターネット広告が普及し始めた頃から存在する、最も一般的なインターネット広告の形式のひとつと言われています。

ディスプレイ広告の2大サービス

ディスプレイ広告を掲載する際に用いるサービスには「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」「Google ディスプレイ ネットワーク(GDN)」があり、広告を掲載できる提携サイトがそれぞれ異なります。

YDNの提携サイトは、Yahoo! JAPANのトップページをはじめYahoo!ニュースやヤフオク!など、自社サービスのサイトが多くなっています。

一方でGDNは、YDNと違い自社サービスのサイトではなく、Youtubeやライブドアブログといった一般ポータルサイトやブログを中心に多くのサイトと提携しています。

ディスプレイ広告の料金形態

ディスプレイ広告を出稿した場合、広告主はそれに応じた料金を支払いますが、その料金形態には様々な種類があります。

ディスプレイ広告において用いられている料金形態には以下のようなものがあります。

・インプレッション保証型

インプレッション保証型とは、広告枠を一定のインプレッション数(広告の表示回数)あたりいくらかの値段で買い、その決められた回数に達するまで、広告の掲載が続く方式のことを言います。

この方式がディスプレイ広告において最も一般的な料金形態となっています。

・期間保証型

期間保証型とは、広告枠を一定期間いくらかの値段で買い、その期間中、広告の掲載が続く方式のことを言います。

広告のクリック数や表示回数によって料金が変動しないのが特徴です。

・クリック課金型

クリック課金型とは、広告が1回クリックされるごとに、その回数に応じて課金されていく方式 のことを言います。

つまり、この料金形態の場合、広告の掲載だけなら費用は発生しないということになります。

リスティング広告ではこのクリック課金型が採用されています。

・成果報酬型

成果報酬型とは、広告を介して実際に商品購入や会員登録といった成果が生じた場合、その成果1件につきいくら、という形で課金していく方式のことを言います。

この料金形態も、広告の掲載だけであれば費用は発生しません。

成果に結びつかなくても費用が発生する他の料金形態に比べ、リスクが少ない形態だと言えるでしょう。

ディスプレイ広告のメリット・デメリット

ディスプレイ広告にも他の広告同様、いくつかのメリット・デメリットを挙げることができるので、紹介していきます。

メリット

・認知拡大/理解促進に向いている

ディスプレイ広告は、ユーザーの属性・目的に依らず掲載先のメディアを訪れた幅広いユーザーに対して表示することができるので、商品・サービスの認知拡大・理解促進に向いています。

リスティング広告と異なり、そもそも商品・サービスの存在を知らなかったユーザーに対してもアプローチすることができるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

・ビジュアルで訴求できる

文章だけでは伝わりにくい商品・サービスの良さも、画像などのビジュアルを使えばうまく表現することができます。

また、文字の羅列に比べてはるかに目につきやすく、ユーザーに対して効果的に注意喚起を促すことができます。

・料金を支払えば必ず掲載できる

例えばリスティング広告は、入札により競合と掲載順位を競うことになるので、必ず自分が出稿した広告が最上位に表示されるわけではありません。

一方でディスプレイ広告は、買い取った枠に必ず広告が表示されるので、その確実性もメリットだと言えるでしょう。

デメリット

・費用が高額

一般的にディスプレイ広告はリスティング広告などに比べて掲載料金が高額な傾向にあります。

参考までに、Yahoo!Japanプロモーション広告におけるディスプレイ広告の掲載料金を示しておくと、インプレッション保証型の場合、1週間あたり1250万円~、期間保証型の場合は1週間あたり200万円~というのが相場となっています。   

・成果に直結しにくい

メリットとしてあげた幅広いユーザーに広告を表示できるということは、裏を返せばアプローチする相手が商品購入や会員登録などに至る確率は低くなるということになります。

元々その商品・サービスにそこまで関心の無かったユーザーは、たとえ広告に興味を示してそこからサイトに移動しても、その興味の多くは一時的なものに過ぎないので、すぐに離脱してしまうことも多いです。

したがって、元々関心を持つユーザーにターゲットを絞ったリスティング広告などと比較すると、CPA(成果あたりの費用)は高くなる傾向があります。

ディスプレイ広告の表示先を絞り込む「ターゲティング」

ディスプレイ広告は幅広いユーザーに対して表示可能だと言いましたが、掲載先のメディアを訪れたすべてのユーザーに無条件に表示されるわけではなく、表示するターゲットを絞り込む、いわゆる「ターゲティング」を行うことが可能です(YDN/GDNで設定可能)。

検索履歴などを用いて類推されたユーザーの性別・年齢や地域、興味・関心などから潜在層を狙ってターゲティングを行うこともできますが、それよりも成果につながりやすく、私たちにもなじみがあるのが、YDNではリターゲティング、GDNではリマーケティングと呼ばれる顕在層を狙ったターゲティングです。

一度ホームページを訪れたら、別のホームページを見た時に以前見ていたホームページの広告が出るようになったという経験は、インターネット利用者なら一度はあるのではないでしょうか。

このように、一度ホームページを訪れたユーザーを追跡して自身の広告を出すことができるのがリターゲティング/リマーケティングなのです。

広告を表示しすぎて悪い印象を持たれないように注意すれば、特定の商品やサービスに興味のある(あった)ことが分かっているユーザーに再度自身のの広告を出せることは非常に有効だと言えます。

このリターゲティング/リマーケティングを中心としたターゲティング機能を、ディスプレイ広告を運用する際には活用することをおすすめします。

いかがでしたか?ディスプレイ広告がどういったものなのかをきちんと把握しておくことで、効果的な運用を行うことができます。

ここで得た正しい知識を、今後のディスプレイ広告の運用、そしてWebマーケティングに生かしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする