リスティング広告の仕組みまるわかり!初心者でも簡単


一口にインターネット広告と言っても、様々な種類があります。本記事ではその中でも代表的なものの一つである「リスティング広告」を紹介していきたいと思います。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果画面の上部に表示される広告で、ユーザーがキーワードを入力して検索すると、そのキーワードに対応した広告が連動して表示されるので、検索連動型広告とも呼ばれます。

「リスティング広告」という名前は知らなくても、この広告に見覚えがある人は多いと思います。検索エンジンを利用する人が非常に多くなった現在において、欠かすことのできない広告形態の一つと言えます。

 

 

リスティング広告の料金・表示システム

 リスティング広告の費用はどのように決まり、どのような仕組みで表示されるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

リスティング広告は、広告表示ではなくクリックされてはじめて料金が発生するクリック課金制を取っていることが大きな特徴です。したがって、実際に課金される広告料金は、クリック単価にクリックされた数を掛けたものになります。

広告料金=クリック単価×クリックされた数 

クリック単価とは、クリックされたときに発生する広告の料金ですが、これは広告主自身が自由に設定した入札価格と広告の品質をもとに決定されます。

 入札価格というのは、広告主側が「ここまでなら1クリックに出してもいい」という金額です。この金額が競合他社を上回っていれば、その競合他社よりも優位に立つことができます。これはオークションと同じ仕組みですね。 

そして、1つのキーワードに複数の入札があった場合には、クリック率などで決まる広告の品質スコアを入札価格に掛けて導き出される「広告ランク」というものによって広告の掲載順位が決まり、これが高いものから順に上位表示されるのです。

入札価格×品質スコア=広告ランク=広告掲載順位

では、具体的な例を見てみましょう。

例えば、A社が300円で入札しているキーワードに、B社が500円で入札しているとします。そして、A社の広告の品質スコアが7、B社の広告の品質スコアが4だったとします。

すると、A社の広告ランクは300×7=2,100、B社の広告ランクは500×4=2,000となるので、A社の広告の方がB社のものよりも掲載順位が上になります。

リスティング広告のメリット・デメリット

リスティング広告の仕組みが分かったところで、この広告形態にはどのようなメリット・デメリットがあるのかを整理したいと思います。

メリット

・モチベーションが高く、ニーズも明確な見込み客に配信できる

リスティング広告の最も大きなメリットはこれだと思います。

ユーザーが入力した検索キーワードに関連したリスティング広告が検索結果画面に表示されるわけですが、そういったユーザーは検索している時点でその方面の事柄に強い関心を持っていると容易に推測できます。そういう見込み客に対してだけ、広告を出すことができるため、リスティング広告は高い広告効果が期待できるのです。

 ・コントロールが簡単にできる

リスティング広告の仕組みのところでも触れましたが、表示順位は入札価格によってある程度コントロールすることができます。つまり、お金を出しさえすれば検索結果の上部に表示させることが出来るのです。

キーワードや広告文も細かくカスタマイズしたり、調整したりできます。また、配信開始、修正、出稿停止といった手続きも簡単に行うことができるため、状況に合わせてリアルタイムに対応することができます。こういった設定にそれほど時間も取られないため、比較的すぐに成果が見込めるでしょう。

こういったことは、検索エンジンのアルゴリズムによって順位づけられ、検索上位に表示させるためにサイト改善などに多くの時間と労力、コストを要するSEOとの大きな違いと言えます。

デメリット

 ・広い認知にはつながりづらい

元々興味や関心のある見込み客に絞って広告を出せるということは、裏を返せばそれ以外の人には出せないということです。ターゲットを絞らずに幅広い人に商品やサービスを認知してもらいたい場合は、リスティング以外の広告展開も必要です。

 ・効果を維持するのに手間がかかる

表示や入札価格、キーワードなどを細かく調整できるぶん、効果を上げ続けていくには手間がかかります。管理画面の操作方法や入札基準など、事前に知っておかなければいけない知識も多いため、使いこなすには多少の勉強や訓練をする必要があるかもしれません。

ターゲットが限られていて運用の手間も少しかかりますが、リスティング広告は本当に有効な広告施策です。手軽に始めることができるので、リスティング広告を利用していなかった人は今からでも運用を始めてみましょう。きっと成果につながると思います。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする